2006年04月27日

細野晴臣プロフィール

1947年7月9日、東京都港区白金に生まれる。
1969年、「エイプリル・フール」に加わりプロとしてデビュー。1970年、大滝詠一、鈴木茂、松本隆とともに「はっぴいえんど」を結成、優れた日本語による歌詞とサウンド・プロダクションによって高い評価を得、1973年に解散、伝説のグループとなった。同年、埼玉県の狭山に移住。豊かな演奏力とユーモアに溢れるファースト・ソロ・アルバム「HOSONO HOUSE」を自宅録音で製作。このときのプレイヤー、松任谷正隆、林立夫、鈴木茂が核になって後のミュージシャン集団、ティン・パン・アレーが生まれる。ティン・パン・アレーは1977年まで流動的なサウンド・プロデュース・チームとして活動し、荒井由実、南佳孝、山下達郎、吉田美奈子、矢野顕子、大貫妙子などのレコードに新鮮な音楽を提供、細野晴臣はベーシストとして中核の役割を果たす。ティン・パン・アレーのセッション・ワークと平行して1975年、ノスタルジックなポップスの探求がエキゾティックというキイ・ワードによって強化された「TROPICAL DANDY」発表。日本のポピュラー界に衝撃を与える。翌年、その傾向をさらに推し進めた「泰安洋行」を発表。その独特の音楽を自らチャンキー(ごった煮)・サウンドと命名する。1978年、「はらいそ」のレコーディングに参加した高橋幸宏、坂本龍一と意気投合。同年、Y.M.O.としての第一作を発表。Y.M.O.は音楽的にもセールス的にも世界的な成功を収め、音楽界全体の動向にも強い影響を及ぼした。活動中に唯一のソロ・アルバム、「フィルハーモニー」を発表、またYENレーベルを設立して新人発掘を行った。この時期は歌謡曲畑や他者のプロデュースでも特に多くの仕事をこなし、独特のサウンド・プロダクションをメジャーな領域で展開しヒット曲「天国のキッス」「禁区」「ガラスの林檎」などによってメロディー・メイカーとしての才能を広く知らしめた。Y.M.O.は1983年に散開。翌年、レーベル「ノン・スタンダード」「モナド」設立、Y.M.O.時代にやり残したポップスや、やりたくても制約の中で実現できなかった形式の音楽を立て続けにリリースする。1985年、アニメーション「銀河鉄道の夜」の音楽を製作。翌年、全曲を20世紀の名曲からシュミレーションした越美晴のアルバム「echo de MIHARU」レコーディング開始、1987年発表。1989年、「Omni Sight Seeing」発表、玉石混交のワールド・ミュージック・ブームに湧く日本に本家の実力を示す。1991年、一枚のレコードを創るため忌野清志郎、坂本冬美とともにユニット「HIS」を結成、異色の「こぶし」「歌心」へのアプローチがアルバム「日本の人」に結晶した。1992年と翌年、青森県森田村の野外円形劇場でアイヌ民族や縄文文化に関連するコンサートに出演。1993年、「近年ようやくたどり着いた」というネイティヴ・アメリカン精神への共感が結実した「メディスン・コンピレーション」発表。同年、突然のY.M.O.再生。「火種がくすぶっていたY.M.O.を終わらせるための再生」と発言する。1995年1月、遊佐未森、甲田益也子、小川美潮を迎え、プロデュースに2年の歳月をかけて完成したアルバム「LOVE, PEACE &TRANCE」を発表。4月、アルバム「N.D.E」を発表。8月23日〜9月3日に開催された「1995年ユニバーシアード福岡大会」開閉式・音楽監督として制作。10月、アルバム「ナーガ」を発表。1996年3月、Bill Laswellとのコラボレーション・アルバム「インターピーシス・オーガニゼイション」をテイチクより発表。10月、越美晴とのユニット"swing slow"のソロ・アルバムをマーキュリーよりリリース。12月には新レーベル"デイジーワールド・ディスク"を発足し、アトムハート、テツ・イノウエとのユニット「ハット」とコンピレーション・アルバム「デイジー・ワールド・ツアー」を発表する。1997年8月、プロデュース作品としてワールドスタンダードのアルバム「カントリー・ガジェット」、シーナ&ザ・ロケッツの「@HEART」をリリース。10月には作曲・プロデュース作品として森高千里のシングル「ミラクル・ライト」を発表。11月には「ハット」の2枚目のアルバム・レコーディングのためにチリへ渡航。12月にデイジーワールドからリリースされる、ラウンジミュージックのグループ"ヴァガボンド"のクリスマス・シングルにはヴォーカリストとして参加。1998年、森高千里のアルバム「今年の夏はモアベター」をプロデュース。6月にはハット名義でアルバム「DSP ホリデー」をリリース。99年には久保田麻琴とともに「ハリー&マック」を結成し、70年代のスワンプサウンドを彷彿とさせるアルバム「Road to Louisiana」を発表。2000年3月、これまでの活動を4枚のCDに収めた『HOSONO BOX 1969-2000』を発表。そして2000年11月、鈴木茂、林立夫とともに"ティンパン"を結成し、アルバム『ティンパン』を発表。12月には東京・大阪でコンサートを開催した。2001年が明けて、25年来の盟友、小坂忠をプロデュース。アルバム『People』をエピックレコードより11月にリリース。2002年には高橋幸宏とYMO以来初めてふたりのバンド「スケッチ・ショウ」を結成。9月にはアルバム『AUDIO SPONGE』を発表し、12月に初の単独ライブを開催。2003年2月にミニ・アルバムをリリース。6月、スペインのバルセロナで行なわれるエレクトリック・ミュージックとアートのためのフェスティバル「ソナー」に、引き続きロンドンで行なわれるフェスティバル「サイバーソニカ'03」にスケッチ・ショウとして出演。2004年6月、スケッチ・ショウ+ 坂本龍一= Human Audio Sponge名義でバルセロナ「ソナー」、10月には「sonarsound tokyo」に出演。2005年、オダギリジョー、柴咲コウ主演映画「メゾン・ド・ヒミコ」の音楽を手掛け、オリジナルサウンドトラックを発表。2006年9月、初のLIVE DVD「東京シャイネス」リリース。
2007年2月、クラウン時代の楽曲と映像をまとめた「ハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977」をリリース。今秋公開のアニメ映画「EX MACHINA」の音楽監修を担当し、8/22にこのテーマ曲『Rescue』をHASYMO(細野晴臣+高橋幸宏+坂本龍一)名義で、YMO『Rydeen79/07』とともにシングルリリース。9/26には、Harry Hosono and The World Shyness 『Flying Saucer 1947』をリリース。10/17に「EX MACHINA Original Sound Track」をリリース予定。
posted by admin at 05:51 | profile